アトピー改善

植物乳酸菌と動物乳酸菌の違い

乳酸菌には多くの種類がありますが主に大きく2つに別ける事が出来ます。
それは、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌になります。
これらの2種類の働きがある事で、乳酸菌を活発に働くことが出来ます。

では、この2種類の違いは、何でしょう。
それは、動物性のものには、チーズやヨーグルトに多く含まれている事が多いです。
腸には、届かず分解されますがそれでも必要な成分になります。
乳酸菌とビフィズス菌の違いについても興味深いです。

植物性乳酸菌の手助けを行う事で、乳酸菌の活動を活発にする働きがあります。
このように分解されてしまうこれらは、整腸作用には必要な成分になります。
植物性のものは、発酵食品に多く含まれています。
乳酸菌で腸内を綺麗にするだけでも健康に近付けます。

味噌や漬物などに多く含まれています。
これは、腸にまで届く乳酸菌になります。
動物性のものを吸収する事で、悪玉菌を排出する効果があります。
しかし何でも摂りすぎるのはやめましょう。乳酸菌の副作用はありませんが、体調や体質によっては下痢や腹痛の危険性もあります。

植物性のものは、共存する事が出来るものになります。
このような乳酸菌には、微生物が住んでいます。
整った腸の環境においては、動物性のものより植物性のものが強く腸内まで届くと言われています。

このようにこれらは、たくさんの効能を持っており、動物性と植物性のものに含まるものはたくさんの種類が存在しています。
どちらもバランスよく乳酸菌を摂取する方がいいでしょう。
また、最近ではペット用の乳酸菌サプリメントも人気とは驚きですね。


このページの先頭へ