アトピー改善

便秘と乳酸菌の関係

乳酸菌はよく便秘に効果があるという事でよく乳酸菌で便秘の改善の効果があると言われていますが果たして、それは本当なのでしょうか。
そもそも、便秘を引き起こしてしまう原因は、何だと思いますか。
それは、便秘を引き起こしてしまう原因は、主に生活習慣の乱れが原因になると言われています。

この他にも食生活にも原因があると思います。
普段から野菜などの食物繊維を多く摂取していれば、便秘になる事はあまりないと思います。
食物繊維は、便と一緒に排出されるので、悪玉菌と一緒に排出されます。
逆に野菜をあまり摂取しないでお肉中心の食生活になると悪玉菌が腸にどんどんたまり便秘の原因になります。

その結果、腸の機能が低下していき便秘の原因になります。
便秘を改善していくには、悪玉菌の増殖を抑える事をしないと便秘を改善する事は、出来ないと思います。
このような事を抑えるには、とにかく悪玉菌の増殖を抑えないといけません。
そのため、乳酸菌を毎日摂取する事で、悪玉菌の増殖を抑える事が出来ます。
乳酸菌で体質改善を期待出来ます。

そして、腸内の環境が整う事で善玉菌の増殖を促進する働きがあります。
もし、食生活で野菜を摂取する事が難しい方は、サプリメントでその分を補うといいかもしれません。
発酵食品と乳酸菌についても知っておきましょう。

このページの先頭へ